こんにちは、こんばんは、まこりん*です。

今日はお家の話ではなく、私のこと、ワーキングマザーになった経緯を話そうかなって思います。

働かなきゃ、マイホームなんて持てないですからね。。

 

 

イマドキは、「専業主婦になるのは難しい」と言われる時代になったのではないですかね。しかし、結婚・出産を機に「専業主婦」になる友人もちらほらいるのではないでしょうか。

もし今この記事を読んでるあなたもそういう世代で専業主婦希望なら、次は私が…とつい後に続きたくなるのでは。そういう私も実は専業主婦を希望してました若かりし頃は!笑。

では、実際に専業主婦(主夫)って日本にどのくらいいるのでしょうか。

 

専業主婦とワーキングマザーの割合が逆転。

厚生労働省の平成30年「厚生労働白書」等によると、専業主婦の世帯は約32%という結果です。また同調査によると、1980年頃は約57%であり、1996年頃を境に割合が反転している結果になってるんですよ。

約32%ということは、3人に1人が専業主婦ってことですね。これは多いのか少ないのか…。でも逆にいうと、3人に2人は働いている(共働き世帯が多い)ということですね。

兎に角、現代は働く主婦が多いってことになりますよね。これは紛れもない事実です、はい。

とはいっても3人に1人は専業主婦なんですから、地域や年代によっては周りに専業主婦が多いってことはあるでしょうね。

 

やっぱりあった!地域差が!

総務省が2017年版の「就業構造基本調査」の結果では、夫婦のいる世帯のうち共働きである世帯は全国で上昇して、48.8%と約半分までに迫っているんです。

大都市周辺は共働き率が他の地域より低い傾向が続き、特に関西圏で低いようです。一方、1位の福井県など北陸は高かったようですね。

私にとっては意外が結果でした。何故なら、なぜか私の周り(東京在住)には共働き夫婦が多いからなんです。年代も関係するのかもしれませんけどねー。

大都市圏の共働き割合が低くく、関西では大阪が44%で全国46位、奈良が42%と全国最下位。関東でも東京が49.1%と全国33位、神奈川が46.3%で41位、千葉が45.4%で43位、埼玉が46.5%で40位。

大都市圏がずらりと最下位争いをしてますね!

もっと掘り下げて調べてみると面白そうですね〜。

 

ワーキングマザーへの道。

上記のことを調べながら、シングルだから私の場合は共働き世帯には入らないなぁ〜なんて考えてました笑。

現在は、10歳(小4)と6歳(年長)の2人の男児を育てるワーママなのです。

しかし、そんな私だって、共働き世帯だった時代もあるんですよ、勿論!!(威張るとこじゃないっ)

でもその世帯を支えていたのは私だったと今でも思ってます。

だって、私の方が稼いでいたから、そして、相手が働けなくなったから。。

その辺の話はまた後日でも気が向いたら投稿しますね。

最初は同棲から始まりました。結婚するまで4年間。これは長いのか短いのか…微妙なところですかね?

で、話は戻りましてですね、私も最初は結婚したら絶対専業主婦がいい!!って思ってたんですよ。

だって、オットの稼いだお金で好きに1日過ごせるわけでしょ!勿論、家事、子育てはあったとしても…と、なんて甘い考えだったんでしょう。

2人だけで過ごした4年間はまぁ〜それはそれは遊びまくりでしたね、貯金もせずに!笑。

夏は海でボディボードやサーフィン、冬は雪山でスノーボード。

しかも行くだけでなくボードやウエアまで毎年のように買い替えてました。

あと、美味しいレストランに行って美味しいお酒を飲むのも好きでしたね。

そんな同棲生活、新婚生活(4年)を送っていて、いざ子供が欲しいってなったら、困ったわけですよー。

考えがガラリと変わったんです。

自分たちのためだったのが、今度は子供たちのためってね。家を買って落ち着きたい、子どもには苦労させたくない、将来は受験させていい大学に行かせたいなどなど。夢は膨らむわけですね、これが。

そして、お腹に長男が出来たときにマンションを購入。はい、ここで問題発生。

遊びまくってた私たちには貯金はほとんどなく、親から得られた援助もそこそこ。だから、住宅ローンは2人で組むことになったんですよ。あるあるでしょ?

そして、その先の膨大な夢。そしたら、資金がいるわけですね。

それを機に生命保険の貯蓄型のものを沢山契約しました!汗。

就職難の氷河期世代ですからね、お給料も安いわけですよ。

はいっ、共働き世帯の完成!!!

私が仕事を辞めるわけにもいかず、隠れ専業主婦(夫の扶養範囲内で働く主婦)になるわけにも行かず。バリバリ働かなきゃって。

その後まぁ〜いろいろありまして、お一人様(プラス子2人)になったのですが、ますますもっと働かなきゃ!キャリアを上げなきゃ!って思ったんです。

だから、今ここにシングルマザーでありながら、キャリアウーマンとして働く自分がいるんですね

諦められなかったんです。お一人様になったとしても、子どもたちへの夢も、マイホームをまた持つということも。

はい、ここでもうお分かりですね、諦めの悪い私のワガママっぷり!笑。

 

キャリアウーマンへの道。

私は高校生のとき、実はキャビンアテンダントになりたかったんですよ。英語も嫌いじゃなかったし、世界に羽ばたきたいなんて思っていたんですよね。

でも、その道は3年生の中頃、違うものに変わったんです。

ほとんどのみんなが進路を決めている頃ですよね、だから先生にもびっくりされたんです。

その影響は当時付き合っていた彼の影響が大きかったんではないかと思います。

彼も専門職を目指していたし、彼の母がまさに私が選んだ専門職だったから。

そして、三姉妹の一番上の姉に「何、ぐずぐず迷ってんの?!今決めなきゃ、後悔するよ!」と言われたから。この時、背中を押されたと思います、今思えば。

だからその専門職(一応、国家資格ですっ)の短大に入学したんです。

それと大きなきっかけとなったのが、親友のひとりが「一緒に東京行かない?」って誘ってくれたこと。

親友と共に上京し、短大を卒業。資格を取って、その職につくことが出来ました。

専門職っていいものですね。彼(後の元オット)が地方に転勤になってもついて行ったんです。

そして、2年ほどでまた東京に戻ってきました。薄々感じていました、そのうちこの人と結婚するんだろなって。

だから、楽な仕事がしたいと思い、OLになりたいって思ったんです(はい、単純!)。

かと言って、簡単になれるもんでもないですよ、OLと言っても。不景気ですからね。

だから、製造販売業者って言えばいいのかな、とあるメーカーで派遣社員で働くようになったんです。

そして、1年半後には契約社員に、その翌年には正社員(地域限定)になっていました。

そこで、2人の子供たちにも恵まれ、育休も取ることもできましたし、のんびり働きながら育児に力を注いでいこうとした矢先、元オットとも上手くいかなくなり、、、

はいっ、シングルマザーの道へようこそ!!!

ほんとに波瀾万丈な人生である?、いや、そんな人生だったと今では思っています。

そしてまたここで私のワガママが発揮されたんでしょうね。

そっから私はキャリアアップのため、2回の転職をして、今はプロジェクトマネジャーとしてその業界ではトップクラスの外資系企業で働いています!

 

ブログについて。

今まで『まこりん らいふ』として、マイホームを手に入れるまでのことを書いてきましたが、今後はちょこちょこ私のことや子どもたちのことも書いていこうかなって思ってます。

ご興味がない方は読み飛ばしてくださいませ〜。

マイホームを手に入れて約1年半、今後はシンプルに子どもたちのため、自分のために生きていきたいなぁ〜と思っています。これもまた、『まこりん らいふ』です。

マイホームのこと以外にも、仕事・転職のこと、子育てのこと、自分磨きのこと、何でもない日常のことを綴っていきたいと思います。

楽しく、楽にシンプルに、そしてHAPPYな生活を目指す皆さんの何か手がかりになって欲しいなって思っています。

 

 

>これから一戸建てを建てる方、いつかは建てたいなぁ~と考えてる方は必見です!!

これから一戸建てを建てる方、いつかは建てたいなぁ~と考えてる方は必見です!!

ずっと探し続けて、やっと見つけた住みたい土地!

それからは住宅ローンの審査、ハウスメーカーの選定、間取り、いろんなことを検討していかなければいけません。

我が家のマイホーム計画〜土地探し、仮住まい、家が建つまでの経緯、我が家のお金事情まで赤裸々に記録していきたいと思います!w

参考にしていただければ幸いです( ˊᵕˋ*)♥

CTR IMG